Japan Orchild. Inc. 有限会社 日本蘭科植物園
TOP ご注文方法 お問い合せ
menu - 大切な方への贈り物

胡蝶蘭


メールでのご注文
FAX注文
胡蝶蘭の育て方・お手入れ
産地直送胡蝶蘭

アングロカステ学名:Angulocaste Olympus ”SunDown”
アングロカステは南米原産のアングロアとリカステの属間交配種で
暑さにも寒さにも強いランです
シンビジュームと同じように育てるとよく咲きます
大株に育てるとたくさんの花をつけて見応えがあります
アメリカの蘭展で受賞しています

 
アングロカステのご案内
今年もいい株に育ちました


こちらの写真は
先日行われたとちぎ蘭展で出店したお花です
贈り物にも喜ばれています
 
帆船の大きな帆を連想させる葉
風を受けて大きく揺れます
丸くまとめても曲線が素敵です
花の中に鮮やかな赤いアクセントが入ってとてもきれいです
花も長く観賞できて喜ばれます

 
つぼみの様子です
  商品番号 AN-1 
商品名 アングロカステ 2りん咲き
限定5鉢
価格 5.800円 (送料・税込み)

数に限りがございます。売り切れの際はご了承ください。



育て方   春 新芽が伸びてきたら 肥料をあげましょう 月に一度 油粕とバットグアノを1:1で混ぜ                  
5.5号鉢で30gぐらいのせます
水はバルブにしわがはいらないように3〜4日に一度暖かい時間に上げましょう


夏 梅雨が明け 30度を超えるようになると 乾きが早くなります 毎日夕方にみずをたっぷりとあげましょう
直射日光は避けて 風通しの良い 日陰に置きましょう
肥料は、春と同じ配合で同じ量です
このころから大きな葉が出て秋にかけて面白いほど株が肥ります


秋 お彼岸が過ぎ ちょっと涼しくなって来ると 花をつける準備をします                     
肥料の配分をバットグアノのみ20gのせます
この作業をしないと花数が少なくなります


冬 寒さには強いので 凍らないような場所に置いておきましょう                         
シンビジュームやデンドロビュームといっしょに置いておきます
水は2週間に一度程度
根元に花芽が出てくるまで 同じ水やりです
葉が落ちることがありますが病気ではありません
そのまま育てて大丈夫です


暖かくなってくると花芽が伸びはじまります
 水が必要となります 
乾いたらたっぷりあげます


上記の育て方は 地域の気候によって時期が変わってきます
株の様子を看ながらそだててください


当園のインターネットショップでは栽培している蘭の花を温室より直送しているため
シーズンによって開花の品種が異なります。
なお売切れの場合はご了承下さい。
こちらの商品はただ今売り切れです。

メッセージカードを添えて蘭の贈り物はいかがですか。
ご注文の際にお申し付けください。

このほかにもご予算に合わせてお作り致します。
詳しくはお電話にてお問い合わせ下さい。

お電話・FAXでも承っております
電話番号 028-665-2439 
FAX番号:028-665-3196


御願い

*インターネット・FAXにてご注文後、お手数ですがお電話にてご確認をお願いいたします。
注文のメールを送る
ネット注文後→ お電話にてご確認を御願いいたします。
TEL:028-665-2439 
 宅配料金価格表
請求金額は お花の料金+送料 になります。
送料は宅配場所により変わりますので
こちらをクリックしてご確認くださいますよう
よろしくお願いいたします。

▲ページのトップへ


有限会社 日本蘭科植物園
〒320-0075 栃木県宇都宮市宝木本町1140-101
TEL  028-665-2439
FAX 028-665-3196
Email:info@japanorchid.co.jp
Copyright(C) 2001-2004 Japanorchid Botanical garden,Inc. All rights reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】