Japan Orchild. Inc. 有限会社 日本蘭科植物園
TOP ご注文方法 お問い合せ
menu - 大切な方への贈り物

産地直送胡蝶蘭
フラワーギフト
ミニ胡蝶蘭
資材

ガーデニング

ガーデニング
事業について
施工例
お問い合せ
フォーム



世界蘭展の紹介
ブーケ
蘭の育て方
会社概要

 
注目のアミノ酸有機肥料 

B-1当園オリジナル肥料

安全・安心・健康な植物が作れます


Be-1の上手な使い方

@土に混ぜる
土に植える草花や野菜の苗・果樹は植える前に土によく混ぜてください。
土に混ぜることで更に効果がアップします。
すでに地植えや鉢植えになっているものは、周囲を少し掘るなどして土の中に
埋め込むようになると良いでしょう。


A置き肥にする
Be-1を市販されているティーパック(茶こし)の中に入れ鉢の植えに置きます。水遣りのとき
ティーパックに水をかけると肥料成分が流れ出します。約1ヶ月ごとに交換します。
ミズゴケなどで植わっている蘭類に特におすすめの仕方です。

B液肥にする
スプーン一杯のBe-1を1リットルのペットボトルに入れ水を口まで入れて一晩放置します。
翌日上澄みを液肥として施肥します。このとき下に沈殿しているBe-1は使用せず捨てるか
花壇などに施肥してください。
液肥にしたBe-1はすぐに使い切ってください。何日も放置すると腐敗して匂ってきます。

この肥料の特徴は

天然の核酸・16種類のアミノ酸が豊富に含まれております。
アミノ酸の一つ、セリンに土壌中の固気菌が取り付くと菌が大量に発生します。
また固気菌は、空気中の窒素を良く吸収する能力が豊富で吸収した窒素養分を
植物に与えて植物を元気にする働きがあることが
科学的にも解明されてきました。土壌中の有機微生物を増殖させることにより
、肥料効率を良くします。肥料としての働きも充分期待できますが、土壌線虫の
増殖を抑制する働きがあることが証明されており、トマトやキュウリのハウス
栽培で問題となる連作障害に役立つものと考えられます。
また、線虫などの増殖は抑えますが殺すことはなく、土の生態系を破壊せずに
微生物の活性化を促すために、肥料吸収がよくなります。
養分吸収が抑制される低温下でもアミノ酸が根の周りの根圏微生物を元気にして
土壌の環境を改善し、安心、安全な作物が作れます。
塩類集積が少なく、濃度障害、塩害、ガス障害の心配がなく、安心して使用できます。
植物の発根、発芽が良く、健全な植物を作り、果実の肥大・糖度・味・香り・色艶を
良くし、高品質な収穫が得られます。

なぜ植物にアミノ酸肥料が必要なの?

日照不足や何かのストレスを受けたとき、植物はアミノ酸を作ることができません。
そんな時、アミノ酸の施肥が必要になってきます。


アミノ酸は肥料に使用する有機物の中では最も小さい有機物です。
葉面や根など植物が直接吸収しやすい大きさなのです。


アミノ酸は微生物の餌としては利用されやすい形であり、
施肥によって微生物が増加します。


アミノ酸は直接的な効果のほかに、微生物の
増加によってさまざまな生育効果があります。

Be-1の(有効菌白カビ状)について

Be-1を使用し、しばらくしますと白いカビ状の有効菌が発生しますが、
これは植物に有益な菌で土壌の環境を改善し、
微生物の活性化を促すアミノ酸肥料特有のものです。
取り除かずそのままご使用下さい。


エビネ・バラの施肥の仕方

資材の注文

▲ページのトップへ


有限会社 日本蘭科植物園
〒320-0075 栃木県宇都宮市宝木本町1140-101
TEL 028-665-2439
FAX 028-665-3196
Email:info@japanorchid.co.jp
Copyright(C) 2001-2004 Japanorchid Botanical garden,Inc. All rights reserved.
【掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます。】